恥をかかないための最低限のスポーツ知識
ホーム > 前立腺炎 > 働き盛りの男性を襲う慢性前立腺炎

働き盛りの男性を襲う慢性前立腺炎

慢性前立腺炎と呼ばれる病気は、責任の重い仕事を任される30代から40代の男性を中心として多くみられる病気です。その症状は比較的に軽い場合も多いため、自身では発症している事に気付かないで過ごしてしまう場合もあります。

だからといって放っておくと再発を繰り返してしまう事があるので、その日その日の体調の変化に注意を払って下さい。

 

 

 

前立腺マッサージをした場合前立腺の働きは良くなって、排尿を促進します。温熱療法は前立腺を温める療法になり、前立腺の機能を向上させる効果を期待できます。更にのぼせない程度に時間をかけて入浴をして意識的に下半身を温めることで、前立腺やその周辺で生じた症状を緩和する効果が期待できます。慢性前立腺炎の主な要因には、仕事や乗り物で長い時間にわたり座り続ける事や、過労・ストレス、飲酒や冷えなども関係しています。自転車とかバイクに乗る事は、なるべく控えるのが無難です。

 

ちゃんと休憩を取って、ストレスを貯めない事が大切になります。

 

 

 

また飲酒やタバコなど身体の抵抗力を低下させるような習慣は改善を心がけましょう。病院で受ける検査は指をおしりから入れての直腸診や血液検査・尿検査になります。

細菌感染の有無を確認する事により、細菌性前立腺炎と非細菌性前立腺炎とに判断されます。

 

前者後者どちらのケースでも排尿痛であったり勃起障害、頻尿や残尿感の症状が出る場合もあります。

 

悪化を防ぐためにも具合の変化を感じたら早めの医療機関の受診を必要とします。

前立腺炎の治療法に対しては特効薬がなく、細菌が特定出来ると抗生物質などが処方されます。

 

 

 

排尿の際に痛みが出る場合には、鎮痛剤や抗炎症薬などを用いて痛みを鎮静させます。

 

 

再発させないためにも長期に渡り薬を飲むことが必要になります。状態によっては、セルニルトンや漢方薬などが処方されます。前立腺炎にノコギリヤシのサプリメントは効果あるのか?