恥をかかないための最低限のスポーツ知識
ホーム > 離乳食 > 離乳食後期の簡単レシピには何がある?

離乳食後期の簡単レシピには何がある?

離乳食後期は、料理を作るという工程がありながらも、味付けに気を使わなくてはいけません。さらに、いろんな食材をバランスよく組み合わせる必要があるので、あれこれ考えていると、面倒になってしまうこともあるでしょう。

そんな時は、手軽にたくさんの野菜の栄養が摂れる野菜キューブを作っておくと便利です。

じゃがいも、キャベツ、人参、玉ねぎ、かぼちゃ、ほうれん草など、赤ちゃんが食べられる野菜をたくさん使いましょう。全部の野菜を角切りやみじん切りにしたら、お鍋に入れます。

そこに、ひたひたになるぐらいまで水を入れたら、離乳食の進み具合に応じた柔らかさになるまで煮ていきます。野菜が柔らかくなったら、製氷皿に入れて、粗熱がとれたら冷凍してください。

野菜キューブは、お味噌汁、チャーハン、スープ、スパゲティー、卵焼きなど、何にでも入れられます。この野菜キューブを入れるだけで栄養はばっちりなので、あれこれ悩む必要はありません。

また、味付けも、昆布だし、コンソメ、粉ミルクのクリーム、トマトペーストなど、何にでも合います。調理も、切って煮るだけですから、とても簡単に離乳食のレシピを増やせます。

また、食パンを使ったフルーツパンプディングもおすすめです。1/2枚分の食パンの耳をとって、1.5cmの角切りにします。

フルーツは、いちごやバナナなどを用意して1cm角に切り、これに、溶き卵大さじ1.5、牛乳大さじ3杯を入れて混ぜ合わせます。後はレンジで1分30秒加熱すれば出来上がりです。

すぐ作れて栄養も満点で、しかもお手軽なので最適なレシピと言えるでしょう。離乳食の豆腐は添加物大丈夫?