恥をかかないための最低限のスポーツ知識
ホーム > 健康 > メニエール病の手術の注意点

メニエール病の手術の注意点

この病気は遺伝性では無いことは難病情報センターのサイトでもきちんと公表されており、また各国の研究においても遺伝性を示す情報は確認されていないので、その点では気を揉む必要はないでしょう。

 

遺伝的要因から発病しているのでは無く、日常生活の中で何らかの要因があって内リンパ水腫を引き起こしているとされています。先進国にすんでいるにも関わらず発症が多いとされ、それに加えて発展途上国では発症例がないことから原因はやはりストレスに関係し改善策の治療法がまだありませんが、他にもそれを判断する医者もいないのです。もしも診断を受けたりしたら、症状の発作がおきる場合でも対処はちゃんとしてもっとも関係があるストレスをためない心がけながら生活習慣をしましょう。

女性に多いメニエール病の治療とは、いつおきるかわからない強い発作が起きた時は安静にしめまい止めを使うことで落ち着くようです。参考URL:http://xn--u9j4f6dsd6bvfx547arz2a78q.jp/

 

 

 

手術をすると約7割あるいは9割まではめまいが楽になるようですが、内耳内の手術なので聴力をなくす場合が要注意です。

日常生活での治療法があり食事による治療は改善が見込めることから成果は出ておりそれでもセルフケアはしっかりとおこなうようにしましょう移動時の乗り物については注意が必要なこともあります。

 

 

もしも、強いめまい発作をおこしてからあまり日数が経過していない場合はめまいを起こしやすい状況が続いており、電車やバスなどに揺れはめまいを引き起こすこともあるのです。

 

飛行機の揺れは比較的に少ないので良いものの、気圧の変化を受けることでメニエール病の発作の誘因に影響される事もあります。

メニエール病では吐き気に加えて強烈なめまいもあり共に耳の感覚にも異常が起きるため、音もよく聞こえなくなりライスネル膜が正常に回復すると目眩も改善します。

発作がおさまるまでの時間はそれぞれ違ってきますがだいたい30分以上、数時間ぐらいまでの人が割合として多いようです。